へぶんずぷれいす

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ その他咲 □

かじゅモモ前提桃睦

こういう話いいな。っていうメモ。



彼女は、さみしいだけ、分かっているよ。
「むっちゃん先輩。」
私に笑いかけてくれるけど。
うん、分かってるよ。
「キスして下さいっす。」
「………。」
「……ん…。」
肩にまわされた腕、引き寄せられてキスをした。
どうしようもなく、ドキドキとしている自分がいやになる。
「……っ、はぁ……。」
「………桃子。」
「随分、慣れてきたっすね!」
ニコリと笑った彼女は本当は泣いているのを知っている。
「あはは、さて、いくっすよ……!」
「モモっ……っ…ん……。」
わざと、あの人が呼ぶように彼女を呼んで、ひきよせて、キスをした。
ただ、彼女の小さい体を抱きすくめて、閉じ込めて…………。
「ちょ……むっちゃ……んっ……ふ……」
「……っ……モモ……。」
代わりでもいいと思った。
彼女の悲しみ、寂しさが和らぐのなら……と。
でも。
「……っ……ふぅ……。」
「んん……っ……。」
心臓が痛くて張り裂けそうで、この気持ちに気づいてしまった。
私は、彼女を………





って感じの話が書きたいような気がする。
反応があれば、ちょっと前後続きも考えて話作ろうかな。
スポンサーサイト


→ 「その他咲」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2011/09/30
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。