へぶんずぷれいす

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ かじゅモモ □

大好きな先輩。


それ以外、何もいらない。




ただ、ただ、あなたがいればいい。


それ以上は、望まない。


それ以上を望んだら……一人になった時が、辛すぎるから。




「いってきまーっす。」
「いってらっしゃーい、今日は、早く帰ってきなさいねー。」
「はーい。」


夏休み。


今日は、先輩たちも含めての部活だった。
昨日、それを知らせるメールが届いたのも嬉しかった。
加治木先輩に会うのは、終業式以来。
逸る気持ちで、足早に、向かう学校。
じりじりと照りつける太陽なんて跳ね飛ばす。


***


開け放たれた部室の扉。
窓際で本を読む先輩。


その後姿が、好き。好き。


「せーんぱい。」
「…あぁ、モモ。」
ほんの少しだけ間をおいて、振り返った先輩。
髪がサラサラと流れて、綺麗。
机に置かれた本は、参考書だった。
それが目に入って、ちょっと…寂しくなる。
「勉強、してたっすか?」
「ん、あぁ、これか。ちょっとな。」
「そうっすか…。」
あぁ、嫌だなぁ。
時間が止まっちゃえばいいのに。
なんて。
「でも、先輩なら、楽勝っすよねっ!」
にこって笑って、言ったら
「そうだな、それでも、やっといて無駄なことはないからな。」
自信のある言葉に、かっこいいなぁとか、思っちゃったり。
「………。」
「……ん?なんだ?モモ。」
好きだなぁ。
好き。
「いえ、なんでもないっす。」


今日、会えてよかった。
会えるだけで、幸せ。


「…そうか?」
「はいっす!」
「………。」
黙って、私を見つめ返した先輩。
「……皆、まだっすかね。」
頬が熱くなって、視線を外して窓の外に。
運動部が、校庭を元気に走っていた。
「…もう少しだろう。」
「そうっすね。」
それまでは、2人っきりっすねっ!!って、軽口を叩けたはずなのに。
ほんの少し、会ってなかっただけなのに。
ドキドキする心臓。
収まって欲しい。
「………。」
「………。」
沈黙が流れて、二人の間を風が吹きぬけた。
「暑いな。」
「…はい。」
「………。」
ちらりと、先輩を横目で盗み見る。
「………。」
涼しげな瞳が好き。
「……モモ?」
「っ……あ。」
思わず見とれて、目がばっちりあってしまった。
慌てて、視線を逸らしても遅いけど、なんとなく、恥ずかしくて…。
「どうした?様子がおかしいぞ?」
「そ、そそ、そんなことないっすよっ!!それにしても、ホントみんな遅いっすねっ!!」
集合時間はとっくに過ぎていた。
「メール…、いや、電話してみましょうかっ!」
矢継ぎ早にしゃべる。
沈黙になるのが、何故かちょっと、怖くて。
「えーっと、蒲原元ぶちょーのー………っ!?」
携帯を操作していると、すっと、先輩が立ち上がった。
と思ったら、こちらに近づき、後ろから抱きすくめられた。
「せっせんぱいっ!?」
「モモ。」
「…っ……。」
耳元に、囁くのはずるい。
触れた腕がしっとりと吸い付いた。
暑い。けど、汗とかもかいちゃってるけど、離さないで欲しい。
「おめでとう。」
等と、思っていたら、落とされた言葉。
「えっ?」
「……誕生日だろう?」
「あ、はいっ……え、でも…。」
「私がお前の誕生日を知らないとでも思ったか?」
「………先輩。」
「実は、…蒲原達は今日来ないんだ。」
「えっ?」
「すまない…うまい誘い文句が分からなかった。」
「………。」
だけど、一緒にいたくて…と、か細く。


胸がいっぱいになる。
ぼろっと頬から熱い物が流れ落ちて、先輩の腕に落ちた。


「モモっ!?」
「…っ……ずるいっふいうちっすっ…。」
「………。」


こんなに、幸せでいいんすか?


「すまない…回りくどいことをした。…本当は、もっと前からちゃんと誘っていれば…その…。」


しどろもどろな先輩。
ぽろぽろと泣き続ける私。
正面から抱きしめ直されて、先輩のシャツに涙が吸い込まれた。
汗のにおいに混じって、甘い…香りがした。



先輩。
先輩。
ねぇ、先輩。
欲しい言葉を頂戴。
頂戴。
先輩。
先輩の全てを。
先輩っ。



今、口を開いたら、止め処なく高望みなお願いが出てきてしまいそう。
だから、だから、ぎゅっと、先輩にしがみ付いて、泣いた。


「モモ…。」


嬉しいっす。
嬉しい。
そう伝えたい、でも、伝えられなくて…。


「…っ!……ん…。」
「……っ……。」


ぐっと背伸びをして、唇を押し付けた。


すぐに離れて、涙を流したまま、笑って見せたら。


「………。」


先輩は、無言のまま、またぎゅっと抱きしめてくれた。



今は、これで十分っす。



十分過ぎるっす。



うれし涙は、まだまだ止まりそうにない。



だから、先輩。



このまま、もう少し。



離さないで。




END




桃子さん誕生日おめでとうっ!!
本当は、もっともっと、いちゃいちゃな感じにって思ったんだけどっ!!
でも、いちゃいちゃには変わりないはずっ!?
他の方々が、すげーらぶらぶーな感じのが多かったし、
これはこれで。。。
はい。
とにかく、おめでとうっ!!
大好きだよっ桃子さんっ!!
かじゅモモ結婚しろっ!!


以上っ!!
スポンサーサイト


→ 「かじゅモモ」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2010/07/26
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。