へぶんずぷれいす

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 部キャプ □

あげる。


私をあげるわ。




両腕を広げて微笑んだら、彼女は、驚いたように目を見開いた。


「………。」


そして、恥ずかしそうに目を伏せた。


「あら、お気に召さなかったかしら?」
「!?」
「寂しいわぁ…。」
「そ、そんな…えっと…。」
「ふふ…おいで、美穂子。」
「……っ…。」


飛び込んできた彼女をぎゅっと抱きしめる。
色素の薄い、明るい髪に頬を寄せる。


「美穂子。」
「上埜さん…。」


見つめ合って、寄せる唇。
ぎゅっと、瞼を瞑った。
そんな、彼女が可愛くて仕方ない。


「誕生日おめでとう…美穂子。」


触れる瞬間、唇の上で囁いた。


私をあげる。
大好きをいっぱい詰めた、キスと一緒に。


あなたにあげるわ。


end


美穂子さん誕生日おめでとうっ!!
めっちゃくちゃショートで申し訳ない。
雰囲気重視。
貰ったのか貰われたのか分からなない感じですけどねwww
スポンサーサイト


→ 「部キャプ」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2010/09/24
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。